やってみて初めて分かることがある。

id-403904637_convert_20161217210051.jpg
完成しました。
させました。
眠れない一週間でした。
始めてしまうと とことんやりたくなって
じたばたとがんばりました。

クリームホワイトの作品が
先生から預かった作品です。
それを見ながら編み進めました。
裏と表の分を編んで モチーフをつなぎました。

預かった作品は 小さいものでした。
着るとウエストのあたりくらいまでしかありません。
丸い広がりも身体の中で収まるものでした。
スレンダーの人には 持ってこいのカッコいいベストです。

   (でも胸が豊な人は
   かなり胸が強調され、
   あのパイナップル編みがブラみたいになるから
   気をつけないといけませんっ)


先生が 
「少しゆったりとできますか」、とおっしゃいました。
「はいっ できますっ」、とかなんとか言って
自信満々に持って帰りました。

実に安易な考えでした。

太い糸で編めばいい、って思っていたのです。
そこが初心者ということです。

糸は アクリルとウールの混合の並太にしました。
その方が扱い易いかな、と 私なりに考えたのです。

懸命に編みましたが
お手本のようにしなやかにはなりません。
糸も太めなので ごわごわとした感じになりました。

身丈は腰の下まで行きましたが
腕の部分まではみ出して縁取りがビロビロになりました。Σ(゚д゚|||)
そこで  腕の部分がすっきりするように
私なにり工夫して締めるように編み足し、
下の部分も広がらないよう編み足しました。

そういう応用はきくのです。(*´_ゝ`)

しかし・・・・
先生は相当スリムです。

幅が・・・・。

とにかく出来はどうであれ
一生懸命編んで完成させました。

「お気持ちだけいただきましょう。」
そんな言葉をいただくような気がしますが
その時は 自分で着るしかないです。

編み物に没頭した一週間でした。
なんとか 良いものを、と頑張りました。

そして大きなことに気が付きました。

「糸が違う」

それは 太さの問題ではなかったのです。
根本的に違っていたのです。

そのことを 完成させた後に気が付きました。

そっか・・・
先生から預かったものは
アクリルでもウールでもなかったんだ・・・・・

この糸は きっと綿です。
あぁ!! 綿なのだわきっと~っ。

だからこんなにしなやかなんだーーーーっ。

何故にそんな大事なことに
初めから気がつかないのか・・・・。

もう一枚 編む気力はありません。(´;ω;`)

先生ごめんなさーーい(。pω-。)

とほほ

けれど 自分でチャレンジしたからこそ
学ぶことがありました。

いつも編んでいるレースなら
絶対わかったことなのですが
やっぱり それぞれに道は果てしないのだなぁ・・・と
思い知らされました。

ただとても面白い作品なので
編み物がお好きな方はぜひ
モチーフを二枚重ねる こんなベストを
作ってみてください。
(とか何とか言って 無難にまとめて終わろうとしてすみません。)

id-403901218_convert_20161217210107.jpg
関連記事
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

sakuranorie

Author:sakuranorie
のりえです!
レース編みが大好きです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ショッピング
最新コメント
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: