レース糸の色見本を作る(4)

DSCF6818_convert_20150419152840.jpg
今回、ミックスを除く オリムパスのレース糸の
色見本を作ろう!!と取り組んだのですが
やっと完成いたしました。

いやーーもうがんばりましたけれど
一気に編んだので とても疲れました~っ

最後の一個を編む時には
睡魔に襲われ 頭がまったく働かず
できた、と思って糸を切ったら
めちゃめちゃなものが出来ていてびーっくりしました。
たぶん眠ったまま編んだ。(ある意味すごい)

いかんいかん、あともう一個だ、がんばれっ、と
自分を励ましながら やっと完成です。

学生時代、テスト週間に入ると
明日試験なのに まだこの範囲が出来ていない、
寝てはいけないんだ!!、と思いつつ、白目をむいてハッとする、
睡魔に襲われながら勉強した(というか睡魔に襲われっぱなしだった)
あの頃の感覚を思い出しました。

最後のあたりになると
「苦しい~」
などと言いつつ、

なぜ人はこんなに頑張るのだろう、と考えるとき、
なんとか最後までやり抜きたい、という強い気持ちと
早くこれを終えて手放したい、という気持ちと
両方なのかもしれないと 作業をしながら考えました。

手放す、ということは完結できた、ということなのだなぁ。

人間は完結した、「これでよし」と満足できないから
いつまでも同じ場所に踏み留まって動けないのではないか。

ということは
手放せた事、というのは
ちゃんと完結できたから、ということなんだと
こじつけのようなことではありますが
一生懸命にやっていると
そんなことまで感じて納得します。

このアイボリーホワイトからブラックまでは
普段はあまり使ったことがない色だったのですが
こうして見ると
なかなか品の良いやさしい色合いで
これは 今後 
こういう糸で編んでみたいと
とても感じました。

もしも色に迷われましたら
この色見本を見て参考にしていただけるとうれしいです。

これと同じものがほしい、と思われる方がいらっしゃっいましたら
私に 「編んで」、とメッセージをする・・・

のではなく
ご自分で編んでください(笑)
(なんだそれ)

感想やご意見、励ましのメッセージは
いつでも受付中でございます。

でも今全色糸は揃っているので
作れないこともないのですけれどもね~。
まぁ希望があれば考えます。

ちょっと夢中でやりすぎまして
肩から背中まで痛みが~

満足したので 少し休憩ですっ。

オリムパスの糸はきれいで
ながめるだけで楽しいです。

考えてみれば
ここから始める方がよかったような
気がいたします。

これでレース編みが
ますます楽しくなりそうです。
DSCF6833_convert_20150419152904.jpg

色見本だけでは 絵的に少しさみしいので
無駄に華々しくアレンジの花を添えてみましたが
こんなのいらないのに~、って声が
聴こえてきそうです~
スポンサーサイト

レース糸の色見本を作る(3)


レース糸の色見本を 懸命に作ってみたのですが
これって もっと早くやっておけばよかった~、と思いました。

色についてよくわかったように思います。
なかなか面白いです。

色には寒色系と暖色系がありますが

オリムパスの色見は
寒色系の色でも なんとなく暖かみのある色に感じます。

ピンク系もグリーン系も
バリエーションがあり
品揃えも豊富です。

そして こうしてながめてみますと
「オレンジ色」って
独立したような、個性を放つ色なのだと実感します。

そして今年の新色はなかなか深い
渋みのある色で面白いです。

なんだか ながめているだけでうきうきです。

レース糸の色見本を作る(2)

DSCF6808_convert_20150418154835.jpg
色見本、せっせせっせと編んで
ボカシの色見本が出来ました。

はぁはぁぜぃぜぃ

・・・って、指先だけしか使っていないんだった~

でも 腰と目にきますね。
まだ先は長いのだけれど
二枚目の完成です~っヽ(^o^)丿

ボカシのこの優しい色合いには
なんとも 見ていると心がほわほわ~、として
優しい気持ちになれます。

かわいい~。

緑、黄、ピンクは 似ているけれど違う、この色味。
小さいものだとあまりわかりませんが
編み進むうちに 納得の違いを実感します。

なんとも優しくて
儚げでもあり
ふわふわとして
編む人の心を少女に戻してくれる
オリムパスレース糸の
ボカシシリーズなのでした。

まだまだ 色見本シリーズは続きまーす。

参考にしていただけたらうれしいです。
DSCF6800_convert_20150418154517.jpg
こちらは 編んだモチーフで「LOVE」と並べてみました。
見えるような見えないような・・・。
えへっ
楽しい~。

レース糸の色見本を作る ( 1 )

DSCF6806_convert_20150418212742.jpg

今さらなのですが
手に取って見るレース糸の色見本が必要だと感じ、
今オリムパスのレース糸の色見本を編んでいます。

いつも この色はどんな感じに編めるのかなぁ、と考える時
カタログの小さい色見本を見るのでは
イメージが湧かず、
印刷だとどうしても感じが違うように思うので
自分が編んだ作品を さかのぼって見て確認するのだけれど
最初の頃は 何番の糸で編んだか 明記していなかったことを反省(>_<)

編む度に いちいち前の分を探すようなことでは・・・と
やっとやる気になって色見本を製作中です。

これがまた、なかなか楽しい~っ。
とりあえず全部埋まった分からご紹介します。

オリムパスの色はきれいで
私はオリムパスが好きだな~っ。

新色は渋めのものが多かったけれど
編んでみると 意外と優しい雰囲気。
これさえ作っておけば
これから 困らないな~っ

あたしって なんてナイスアイディア!!
やるじゃんあたし~っ!!

などと調子に乗って
夢中で編み物に没頭していたら
ホームページの開設日もすっかり忘れていて
お友達に「おめでとう」って言われて

あーーーっ大事なことだったのに忘れてたーーっ!!

昨日はホームページの12歳のお誕生日。
毎年忘れずに華々しく?やってたのに
今年はなんとすっかり忘れた。
やれやれ。

レースを編み続けた12年間であったことも確かなのだけれど
何しろ嵐の中の渦巻きの中だった。
試練の連続で もうダメだと思った。

神に問いたいことはいっぱいあった。
人生がんばっても報われないことがある、ということを知った。
諦めたこともいっぱいある。

でも人生の 本当の意味を悟った。
すべては自分の未熟さゆえだったのだから。

なんとか今こうして
穏やかに13周年を迎えられたことに感謝です。

まだまだ私は
パワーがあり余っています。

元気でまたレースを編もう!!

シートが出来次第、
ご紹介します。

よかったら
どうぞ参考にしてください♪

DSCF6797_convert_20150418101044.jpg

桜色を目指す

DSCF6776_convert_20150410095553.jpg
桜の季節を待ちわびて
桜がやっと咲いたと思ったのに
連日の嵐のような雨と風に
今年ほど一瞬のことのように感じられた年はありませんでした。
もうほとんど散ってしまいました。

私は一年中桜が恋しいような気がします。
なぜこんなに桜が恋しいのでしょう。

さて今回はコースターを編んでみました。
今回はダルマレース糸の紫野シリーズです。
一番左の色が良いなぁと
いつも思っていたのですが
この季節になって やっとわかった。

そうだ きっとこの色は「桜色」を目指された色に違いない、と。

(勝手な思い込みですが)
優しい色だなぁ~

グリーンもピンクも パステルタッチで
まさに今の季節にぴったりの色だと感じました。

しっかりと糊づけして
しっかりとアイロンをかけ、完成です。

優しい今の季節の中で
輝く色ってあるのですね。

「これなぁに?!」

200809201939000.jpg
実は 今まで 人に見せたことはなかったのだけれど
自分としては 力作です。

何、これー?!

って言われそうだけれど
一応ですねっ
これは ストールなのですよ~~っ

長ーく繋がっています。
端と端を並べて撮ったのですね。これは。

ひたすらまっすぐに、せっせと編んで・・・

自分で言うのもなんですけれども
心をこめて丁寧に編んで、
会心の出来栄えでございました。

そしてふちどりには、
スパンコールとビーズをちりばめまして
おっほっほ、とか思っちゃいました。

本当にがんばったと思います。
もう8年も前に編んだものです。

あの頃は ホームページも必死で更新していまして
とにかく 毎日あまり寝てなかったです。

もう寝るのが惜しくて・・・
やりたいことはいっぱいあるし。

レースも必死で編んでました。
もうとにかく 何をするにも、
ものすごい勢いでした。

眠らなくても大丈夫な身体がほしい、って
真剣に思っていました。

そして無我夢中だったから
寝てなくても全然平気でした。

たぶんどこか 
壊れていたんですね。(笑)

こんな人間が周りにいると
たまったもんじゃないですよね。

色々とご迷惑をかけたことと反省してます。

根性だけはありましたが
それだけでは・・・人生は無理なんですよね。

でも ずっと レースは続けてきましたし
こつこつと編んできました。

雨の日も 風の日も、
嵐の日も 雪の日も・・・

そして今は
穏やかに落ちつきました。

レース編みがあって
私は救われています。

大好きであり、
大切な世界。

これからも大事にしていきます。

ノートルダムを思い出す。


このドイリーは繊細な感じがとても良く出ていて
編みながら
前に行ったフランスのノートルダム大聖堂の中の
ステンドグラスみたいだ、って思いました。

人によって好みはあると思いますが
レースの魅力というのは
繊細な美しさが上げられると思います。
私はこういう繊細な感じがとても好きだなぁ~、って
思いました。

糸はオリムパスのM1。
去年もこの時期 この糸で編んでいて
あちゃーー なんでいつも同じなんだと
反省ですが そういうサイクルが私の中で出来ているのでしょう。

このデザインは
バックが濃い色だと より映えるように想います。
編んでいても楽しかったです。

庭に咲いた花を添えてみました。

編みながら
ノートルダムのステンドグラスが
ずっと浮かんで離れませんでした。

レース編みしながら
いろんなイメージが頭に浮かぶ・・・・
それもまた レース編みの楽しさです。

DSCF5458.jpg
こちらは 旅したノートルダム大聖堂のステンドグラスです。
美しいものは いつまでも心に残り
この心を豊かにしてくれます。

あぁ そうだ、
今感じたのだけれど
ドイリーが完成すると、
私の心は洗われるような気持ちなのです~っ。
神のそばに身を置くような気持ちなのです~っ。

     
プロフィール

sakuranorie

Author:sakuranorie
のりえです!
レース編みが大好きです。

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ショッピング
最新コメント
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: